関西弁は、有名な大阪弁の中でも3種類があるなど、細かく分類されています。

関西弁の種類

本

 

関西弁といえば、大阪弁だけを思い浮かべる人もいますが、実際にはそれぞれの地方ごとに、非常に多くの方言が存在しています。

 

主要な関西弁の種類について見ていきます。

 

 

大阪弁

大阪弁には、大分類と小分類の2つの意味があります。

 

小分類に関しては、大阪弁は大阪市内で使われる言葉
大阪弁はこれから紹介する、大阪弁の小分類のうちの一つで、「摂津方言」と呼ばれています。

 

大分類に関しては、大阪府内で使われる方言という意味。
全国的に浸透しているのは大分類の方で、正確には以下の3つの方言に分類されています。

 

摂津弁(せっつべん)

大阪府北摂地区と兵庫県阪神地区で使用されている近畿方言の一種である。
一般的な大阪弁は摂津弁を指している事が多いです。

 

河内弁(かわちべん)

大阪府東部の河内地方の方言。
大阪市にも地理的傷害がないため、利用している人が多い方言
特徴としては、二人称「われ」、疑問の終助詞は「け」が使用されています。

 

泉州弁(せんしゅうべん)

大阪府南西部の泉州地域の方言。更に細かく、泉北地域と泉南地域に大別され、厳密には堺弁、泉北弁、泉南弁に分類されています。和歌山弁や、阿波弁が入ってきている面が多く、大阪弁というカテゴリーだと、若干マイナーな部類に入ります。

 

 

 

淡路弁

兵庫県南部の淡路島で使われている方言です。
大阪や徳島との共通点が多いのが特徴です。
淡路弁は敬語が存在しないと言われ、非難される事も多いです。

 

 

京言葉

京都の方言京談(きょうだん)とも呼ばれています。
通常の言葉は、大阪弁との共通点が多く、言葉によっては、同じ言葉で若干イントネーションが違う事もあります。敬語を使用する時に、舞妓はんなどで定番の「おいでやす」「~どす」などの言葉を使用します。

 

 

播磨弁

播州弁(ばんしゅうべん)または播磨弁(はりまべん)などと呼ばれる事もあり、兵庫県南西部の播磨地方の言葉です。関西弁に分類はされますが、中国方言と共通点も多く、西播方言と東播方言に二分されています。神戸弁なども播磨弁に属すると言われていて、関西~中国地方では需要が多い広域な方言です。

 

 

その他の方言

この他にも、伊賀弁・伊勢弁・近江弁・紀州弁・志摩弁・丹波方言・奈良弁・舞鶴弁・三重弁・嶺南方言などが関西弁の部類に入っています。